お問い合わせ
電話番号
アメーバブログ
twitter
facebook
instagram

リフォーム内容

 

熱交換塗料 タフコート

illust
従来の反射や断熱の考えとは全く違う塗料です。
太陽光線が塗料の表面に当たると、その中の赤外線の一部が熱エネルギーに変わり、塗膜内で分散、移動をします。
塗膜には熱交換用の特殊な材料が入っており、熱が接触するとたちまち、その特殊材料のエネルギー変換が起こります。
表面層で起こる為に大半の熱は運動エネルギーとして消費されます。

熱交換塗料の利点

  • 濃色塗装が可能
  • 塗料表面が汚れや摩耗、傷がついたりしても放熱効果が低下しない
  • もともと光沢がでないので、安価で広範な樹脂が利用可能(屋根や防水層のトップコートに)
夏まるで木陰に入ったような心地よさ

「熱交換塗料」は...
室内に自然な温度差をもたらします。

冬優しく包み込まれる心地よさ

温熱環境のサポートプランは夏季だけではありません。

「熱を消す塗料=熱交換塗料」の特徴とその独自性

今、「機能性材料としての塗料」に問われるもの

1.「熱交換塗料」は、反射型の遮熱塗料ではありません。

―「反射型の遮熱塗料」と「膜厚型の断熱塗料」について―

現在、塗料を使った「太陽光の照射熱」に対する「遮熱」「断熱」の対処法としては、反射効率の良い塗材を使用して「塗装面での光の反射」を促し、中空に熱放射させるという「反射効果に依存した方法」と、加えて塗料に膜厚を持たせ「断熱効果をも付加する」という二つの手法が多種混在しているようです。
まず、反射効果を期待して用いられる塗料は「太陽熱高反射率塗料」と呼ばれる「反射依存型塗料」で、塗布初期段階に置いては極めて顕著な効果を発揮します。当然反射率が高いほど、より高い成果を生み出します。
こうした「反射依存型塗料」の遮熱性能の良否は、初動時の高い反射 率をいかに維持存続して行くかに掛かっている事になります。しかし、複合汚染の著しい昨今の都市周辺環境下では、時間の経過と共に「反射効率の悪化」という逆らえない変化が起こり始めます。やがてそれは「遮熱性能の悪化」という明らかな結果に結び付いて行きます。
大気や雨水に含まれる汚体(黄砂、煤塵、車塵等の堆積物)がもたらす塗布面の変化変調は、現状避けて通る事が出来ない課題なのです。
つまり、識者層レベルで既に認知されてしまっているこうした根本的な課題を如何に克服して行くかが、各種「反射依存型塗料=遮熱塗料」の今後の共通のテーマとなる事でしょう。
一方、膜厚を上げる事で、熱伝導を抑制する機能を持たせる事を狙った「膜厚依存型塗料=断熱塗料」も、理論上、発泡ウレタン等に代表される「基本的な建築用断熱材」を凌ぐ程の能力は概ね期待出来そうにありません。

2.「熱交換塗料」の熱遮蔽(ねつしゃへい)の特徴

―塗料による「遮熱、断熱の方法原理」を見直す―

「熱交換塗料」の熱遮蔽の特徴は、「塗面による―熱の反射―」ではなく「塗面による―熱の取り込み―」です。
これは、本塗料に含まれる特殊な混和剤が「特定温度内で熱エネルギーに対し反応する」という物理的な特性を巧みに利用したもので、反射効果や断熱効果に依存する事無く「熱の遮蔽」を成し遂げています。
反射型材料」による「放射による熱の追放」や「断熱型塗材」に見られる「膜厚による伝熱の抑制」とは原理的に異なった新たな方法で「熱の遮蔽」に成功しているのです。
「反射」「断熱」という既存の二つの方法を用いずに「熱の抑制処理」を行っています。
この新しい技術の応用によって「熱交換塗料」は、「太陽熱遮蔽塗料」の普遍的課題であった「汚染に伴う効果低減化」や「膜厚に頼った強制断熱」から解放されました。
こうした熱処理における差異=「原理的相違」がもたらす顕著な結果は、今後、「屋外用熱遮蔽塗料として何を選択すべきか」を結論付けていると言えるでしょう。
例えば、反射効果に依存しないこの方法ですと、「熱反射」による、周辺部への影響も回避する事が出来ます。
照り返しにおける眩しさや、暑さは、反射作用と相関的な関係にありますので、反射効率が高いほど当然熱の発散率も高くなります。
ただし時間の経過と共に反射率が低下し始めると、それと並行するように「材料下部への熱貫流」を許し始めるようになります。やがてそれは「下層部自体が蓄熱する」という当初の目的とは逆の結果を招いてしまう事となるのです。
このような、反射作用に依存した考え方の「負の面」は、一般に認識されていないと同時に、何故か伏せられているようにすら感じられます。

3.「熱交換塗料」の熱遮蔽効果の持続性

―遮熱原理の違いによる「半永久効果」―

反射型材料の遮熱効果が、汚れ、キズに伴う経年変化とともに減衰して行くのに対して、「熱交換塗料」は、塗膜が剥離しない限り、理論上、「半永久的な効果の持続」が可能と考えられます。塗布面に大気中、雨水中の汚れが堆積しても、熱の遮蔽効果が大きく阻害される事は有りません。
キズや、カーボン状の厳しい汚れであっても、その影響を極めて受けにくい塗料なのです。この事は実験によって立証されていますし、そもそも「路面に対して応用できる」という事実は、まさにその証です。

4.「熱交換塗料」の熱遮蔽効果の耐用年数

―「理論値」における耐用年数―

「反射型塗料」の耐用年数が、メーカーにより諸説あるのに対して、「熱交換塗料」の耐用年数は、「ウエザーメーターによる理論値で10年以上」である事が証明されています。試験結果は「2000 時間をクリア」しており、200時間を1 年と見なす計測値が10 年を保障している事になります。これについては、スーパーキセノンウェザーメーター:スガ試験機株式会社製、による耐候性試験結果報告書をご用意できます。
「反射型塗料」の場合は、例え塗料定着自体の耐用年数がそれを超える物であったとしても、塗装面の汚染による「遮熱効果の低下」は、塗布した時点から始まっているという事を忘れてはなりません。
15 年、20 年を売りする「反射材料」もありますが、機能性を謳った材料であるならば表現上、耐用年数は当然「機能の存続期間」でなくてはならない事を付け加えておきます。

5.「熱交換塗料」の熱遮蔽実効時間帯

―「熱エネルギー対応24 時間」という独自性―

「反射型機能性材料」の遮熱有効時間帯が、太陽光線の「照射時間帯のみ」であるのに対して、「熱交換塗料」の遮熱有効時間帯は「24時間」に及びます。
これは、反射材の遮熱への対応が「反射作用のみ」であり、さらに蓄熱された熱に対しては「対応出来ない」のに対して、「熱交換塗料」の場合、「日没後も熱対応」を続けます。
これは、「熱交換塗料」に含まれる熱を消す働きを持つと推測される「特殊混和剤」の固有活動停止分岐温度が摂氏25 度(前後)以下であるためで、それを上回る温度範囲では、夜間においても「熱エネルギー対応」を続けていると推測されるからです。この持続的な働きにより、熱を抱え込んだアスファルトや、コンクリート建造物のヒートアイランド現象の緩和が、より速やかに行われるのです。
そして、「24 時間対応」という独自性によって、温熱環境の改善を目的とした用途のあらゆる場面設定が可能となって行きます。機能材として多用途化の可能性は大変明るく、熱対応を求める他の素材への応用例としては、既に商品化された事例も有る事をお伝えしておきます。

6.「熱交換塗料」の冬季における優位性

―「分岐温度摂氏25 度」がもたらす利点―

「反射型機能性材料」の冬場における効果、作用については、あまり関心が持たれていません。寒くなると遮熱の必要が無くなるからです。
と言うより、逆に日射熱を率先して取り入れなくてはならなくなるからです。真冬の太陽エネルギーは、夏場と違って、上手く屋内に取り込む事によって、「暖房費の節減」につなげたいものです。
「熱交換塗料」の場合、まず、塗料に含まれる特殊混和剤の「固有活動分岐温度」が、摂氏25 度前後である事に着目して下さい。
この分岐点が、冬期には必然的に「有益な結果」をもたらします。なぜなら、塗面温度が25 度を下回ると、混和剤の固有活動が停止し、熱エネルギーを率先して受け入れる様になるからです。
まるでセンサーが付いているかの様な分岐温度を軸とした入熱コントロールも「熱交換塗料」の特徴の一つなのです。
「反射型機能性材料」は、ガルバ鋼板も含め、初期段階であれば夏冬を問わず太陽光を反射放出しますので、冬場の熱の取り込みが必要な時もそれを許しません。ただ、時間の経過と共に反射能力が低下して来ると、夏も冬も、熱貫流による熱の侵入を許すようになって行きます。
これは、「反射依存」という方式の原理的な限界を意味しています。
「通年省エネ」という視点に立って見るならば、受け入れがたい結果です。
こうした事実からも「反射型機能性材料」については、塗料を含め、施工後の遮熱性能の経年実測値の公表と、合わせて施工前後の詳細な温度計測データの提示が必然的に望まれます。
「熱交換塗料」は公表可能な季節単位の計測データを複数有していますので、特に「反射型塗料」の季節別データと実際に比較検討して頂きたいものです。
夏場の反射効率の追求ばかりではなく、春秋、特に冬場における室温変化の計測値の開示は「機能性の検証上不可欠」であり、例え断片的な物であってもこうしたデータが開示出来ない場合は、いささかの疑問が残ると言わざるを得ません。

7.「熱交換塗料」のカラーバリエーション

―方法原理の違いが「濃色塗装」を可能にする―

「反射型機能性材料」のカラーバリエーションは「反射効果」に的を絞っている関係上、基本的に白を基調とした淡色系の色調が多くを占めています。
これに対して、「熱交換塗料」は、混色によってあらゆる色味、色調をカバーする事は勿論、方法原理の違いから、限りなく黒色に近い「濃色塗装」を可能にしています。
「反射型機能性材料」では、不利と思える「黒い屋根」「黒い壁」の選択が実現します。
「特殊混和剤」が配合されているために塗面がマット調(艶消し)になる事を不適切としない限り、屋外用機能性塗料としての広範囲な色の選択が可能となるのです。こうした、「塗色による遮蔽効果への影響」を受ける事の少ない特質も含め、「熱交換塗料」は、「熱遮蔽を目的とした機能性材料としての役割」を確実に果たしていると言える でしょう。

8.「熱交換塗料」の今後の展開

―「新世代塗料」としての期待とその役割―

「熱を消す」という「熱交換塗料」の独自のテクノロジーは、従来の機能性塗料の常識をくつがえしただけでなく、塗料を使った「遮熱」「断熱」における方法論の見直しと、最新技術による新しい時代の幕開けを告げています。
地球規模で環境が悪化して行く中、「新世代塗料」としての期待に応えるべく、「熱を消す塗料」は、今既に国境を越えて、その実用化が進んでいるさなかです。
「赤外線対策」を必要とする、あらゆる都市、あらゆる環境に応用する事によって、「CO2 排出」―「ヒートアイランド現象」―「地球温暖化」といった、一連の環境破壊の構図に対し、今、着実に成果を上げつつあります。
「熱を消す塗料=熱交換塗料」は、まさに世界レベルでその役割を果たして行ける、現状「唯一無二の製品」なのです。

熱交換塗料 タフコートの施工事例

クリックで拡大

netukoukan-toryo_jirei01

伊藤園 全面使用

netukoukan-toryo_jirei02

県営プール

netukoukan-toryo_jirei03

UR住宅(ゴムチップ)


アルミ船の屋根(九州)


中川 遊歩道(東京)


戸建て住宅


屋上駐車場


保育園


市営住宅


公園歩道


畜産飼料タンク


校庭


幼稚園


溶剤タンク

netukoukan-toryo_jirei16

太陽光パネルの設置面

netukoukan-toryo_jirei17

店舗屋根

netukoukan-toryo_jirei18

日吉神社参道

ご対応地域

茨城県、龍ケ崎市、成田市、稲敷市、阿見町、牛久市、八街市、冨里市、佐倉市、印西市、我孫子市、柏市、栄町、千葉市

対応地域:茨城県龍ヶ崎や稲敷を中心に周辺地域の取手や成田なども
数多く手がけさせて頂いております。

TEL. 0297−84−4032

お名前 必須
メールアドレス 必須
お電話番号 必須
ご住所
お問い合わせ内容
プライバシーポリシー
ご記入いただきました個人情報は、お問合せへのご回答のためにのみ使用いたします。

ご記入いただきました個人情報は、当社の取扱基準に基づき適切に管理いたします。

法令に基づく場合を除き、ご本人様の承諾なしに第三者へ提供、または個人情報の取り扱いを委託することはありません。